街の噂を独り占め

学生生活最後をボイメンに捧げようとしとるオタク。名古屋大好き。

辻本推しにプロ野球と中日ドラゴンズを好きになってもらいたい話

 


突然ですが、わたしは中日ドラゴンズのファンです!「名古屋が大好き」というのは、ボイメンももちろんですが、実はボイメンよりも先にナゴヤドームでのドラゴンズの試合に魅せられて名古屋に通うようになったのがきっかけです。ですが、ドラゴンズがきっかけで辻本くんを好きになったわけではなく、辻本くんを好きになってから彼がドラゴンズファンであることを知りました。

 

 


以前Twitterを見ていたら、辻本推しの方が「実は野球のルールとか、ポジションも知らないんだよね…」とつぶやいているのを目にしました。確かに、“ボイメンの辻本くん”を好きになった方の多くは、何かきっかけがない限り野球やドラゴンズとは無縁の生活を送ってきて、ボイメンがドラゴンズに関わるお仕事に携わるようになってから少しずつインプットしている、という方が多いのではないか?と思いました。

 

 


そこで今回は、ドラゴンズファンの端くれであるわたしが、プロ野球中日ドラゴンズの魅力を少しでも辻本推しに伝えたい!推しとの話のネタにしてもらいたい!という一心で綴っていきたいと思います。

 

 


まず野球のルール!野球のルールはかなり複雑で、刻一刻と変わる状況や場面に基づいてかなり細かく設定されていますが、うちの父曰く「野球やっとる奴でも全部が全部知らん」とのことなので、まずは超基本的なルールをおさえられる動画を紹介しておきます。

 

野球のルール 超・初級篇 feat.Kishiboy

https://youtu.be/XfhNQ2BrzUk

福岡ソフトバンクホークス公式 より引用

 

野球のルール ポジション篇 feat.Kishiboy

https://youtu.be/1vjS9Foggec

福岡ソフトバンクホークス公式 より引用


これを見るだけで、辻本くんの「僕、結構器用でポジションはどこでもやっていたんですけど、初めてレギュラーになったのがサードで、その次にショートになって、ショートやりながらピッチャーやってて。先発ではなかったんですけど、2番手ピッチャーみたいな感じで投げてましたね。で、キャッチャーピッチャーやるときはボクがキャッチャーに入ってましたね」‪(出典:あいスポ|スポーツ体験ブログ)という言葉の意味がなんとなくわかるようになったのではないでしょうか!

 

 


とまぁ、超初級はこんな感じです。もっときちんと流れを追えるようになりたい!という方には今すぐにでもプロ野球の試合を見てみてほしいんですが、このご時世なのでプロ野球の開幕も延期に延期を重ねる日々…それでもごくたまにBSやスカパー!、配信アプリなどで何年か前の試合を再放送していることがあるので、一度番組表をチェックしてみるのもいいかもしれません。

 

 


そして次に中日ドラゴンズについて。日本プロ野球は全部で12球団。6球団ずつセリーグパリーグに分かれていて、ドラゴンズはセ・リーグに所属しています。ちなみに、辻本くんの名前の由来になった原辰徳監督率いる読売ジャイアンツも、同リーグに所属しています。基本的に同じリーグに所属する球団同士の総当たり戦なので、辻本くんはジャイアンツファンだった幼い頃からドラゴンズの選手を観る機会が多かったことが伺えます。

 

 


近年は7年連続Bクラス(下位3位)という悲しい成績が続いていますが、2019年に就任した与田剛監督の下で優勝を目指して戦い続けているのが現在のドラゴンズです。直近の2019年シーズンに限った話をしますと、与田監督は常に「優勝」だけを見据え、意識改革を基礎としてチームを指揮。心なしかチームの雰囲気も明るくなり、選手間で鼓舞する姿もよく見られました。チーム成績は振るわなかったものの、打撃力の向上や個人選手の活躍などが、2020年シーズンへの期待を大きく膨らませました。ベテラン若手関係なく、切磋琢磨してポジション争いする様子も多く見受けられ、若手選手の台頭も今後の期待ポイントです。つまり、ドラゴンズの未来は今、とっても明るいです!

 

 

 

何と言っても、辻本くんも自身のコラムで

 

僕はもうすぐドラゴンズの黄金期が来ると本気で思っています。最近の試合ぶりを見ていても、手がつけられないほど強いと感じる試合が増えていて、しかも若手選手が活躍していますよね。ずっと期待していた選手と、くすぶっていた選手と、若手選手が一緒に活躍している姿なんて、なかなか見られませんよ。チームが変わっていく瞬間に立ち会うことができて、すごく幸せですね。

 

今のドラゴンズには希望しかないし、期待しかないし、未来しかないです。僕はリアルタイムで優勝を経験していないので、ぜひみなさんと一緒に喜びを味わいたいですね!


ボイメン辻本達規が語るドラゴンズ愛――他人のために泣けない僕を変えた親友・柳裕也投手 | 文春オンライン より引用


と語っているほどですから!

 

 


そういえば、辻本くんのコラムが掲載されているこの「文春野球」は、他のスポーツ紙などとは少し違った切り口で選手に迫る記事が特徴です。シーズン中の選手の心境や、グラウンド外での彼らの人間性。私はこの文春野球の記事がすごく好きで、ドラゴンズのことを詳しく知らなくても興味を持って読むことができると思うので、是非こちらも覗いてみてください。

 


わたしのおすすめの記事はこの3つ。

 

左のエースとして2019シーズンに復活を期した大野雄大投手についてのコラムです。3年連続2桁勝利からのスランプ。エースとしての期待に応えられない重圧。持ち前の明るい性格の裏にある素顔と、女手一つで育ててくれたお母様とのエピソードが綴られています。

このコラムが書かれたのは2019シーズンが始まって間もない頃だったので、大野投手の復活は未知数でしたが、結果彼はシーズン終盤に日本プロ野球史上81人目となるノーヒットノーランを達成しました。ノーヒットノーランとは、簡単に言うと打者にヒットを許さずに9回まで投げ切ることです。2020シーズンには開幕投手に指名。笑顔と涙の苦労人、これからがますます楽しみな選手です。

 

古豪・愛工大名電出身、3球団からドラフト1位指名を受け競合の末中日ドラゴンズに入団した堂上直倫選手のコラムです。わたしが中日ドラゴンズで最も好きな選手なのですが、華々しい入団からは一転して悩める10年間を過ごしてきました。2016年にチャンスが巡り、やっとの思いでレギュラーに定着するも、長くショートの座に座るのは簡単なことではありませんでした。

そんな中でも、持ち前の優しさ、人間性。仲間や家族を想う気持ちが人一倍強い彼にスポットライトを当てた記事です。2019シーズンには代打や守備固めとして多くドラゴンズに貢献しました。今や直倫なくしてドラゴンズの鉄壁守備なし。選手からもファンからも愛され期待される生粋の竜戦士です。

 

中日ドラゴンズ本当にどうでもいいニュースだけを集めたコラムです。プロ野球選手といえど人間、アイドルオタクもド天然もいます。田村くんや辻本くんのお話もちょろっと出てるので是非。

 

 

 

どうでしょうか。少しでもプロ野球中日ドラゴンズを身近に感じていただけましたでしょうか?

今ドラゴンズファンになれば、若手選手がどんどん躍進していく姿を成長と共に見ていくことができる。推しが大好きなものを同じ感覚で共有できる。もしかしたら、リアルタイムで優勝の瞬間を推しと一緒に見届けられるかもしれない。こんなに最高なことは他にないと思います。

 

 


このご時世なので野球中継がない、そもそも開幕自体できていないというのが惜しくてなりませんが、逆に今このタイミングで少しでも興味を持ち、知識を蓄えて、開幕したらほんの少しでもいいので中日ドラゴンズの戦いを目に焼き付けていただきたいといちファンながら思います。今日現在、日本プロ野球は6・19の開幕に向けて調整中です。最初は流し見でも構わないです。実況がなにやら騒がしかったら画面をチラッと見るだけでも良い。試合後のハイライトを見るだけでも良い。それだけで、辻本くんの試合中・そして試合後のツイートが100倍楽しみになることは間違い無いです。

 

 


ただ、その一分一秒を優勝のために戦う“オレらの憧れ竜戦士” の姿に少しでも魅力を感じていただけたなら、それはもうドラゴンズファン冥利に尽きます。

 

 


奪い取るぜてっぺん!ドラゴンズ!

また安心して野球観戦ができる世の中になれば、一緒にナゴヤドームに足を運びましょう!